お問い合わせ

[栄養素] プロテインとは? 筋肉をつけるためにプロテインを飲むべき理由  あおば整骨院  | 川口市・蕨市でむち打ち治療が評判の整骨院 あおば整骨院




Blog記事一覧 > #腰痛施術,#骨盤矯正,#マッサージ,#ストレッチ,#川口市,#蕨市,#あおば整骨院,#あおば整骨院川口院,#あおば整骨院蕨院 | 川口市・蕨市 あおば整骨院の記事一覧

[栄養素] プロテインとは? 筋肉をつけるためにプロテインを飲むべき理由  あおば整骨院 

2022.01.26 | Category: プロテイン

こんにちは、あおば整骨院です。

前回は頸肩についてお話しました。

今回はプロテインを飲むべき理由についてお話しします。

プロテインと聞くとトレーニングをしている人が飲むものというイメージが強い人も多いかもしれません。

実際は、たんぱく質のことを言います。適切に飲むことで特別太ることもなく、摂取タイミングでむしろ健康的になることができるものになります。

最近では、テレワークに変わっている人も多いと思います。コロナ過で外出も減り、身体が鈍り、体力の低下を感じ始めてくることがあると思います。そんな時こそ、筋肉をつける・筋肉を落とさないことが大切になり、そのためにプロテインはとても有効になります。

また、たんぱく質が不足するとこのような身体の異常が出てきます。

①筋力・代謝の低下

②痩せにくく、太りやすい身体になる

③疲れやすく、病気がちな身体になる

④髪の太さやハリが失われる

⑤肌トラブルが改善しない

しかし逆に言えば、こういった身体の異常も、正しくたんぱく質を摂取することで改善できます。

 

なぜプロテインを飲むと筋肉がつきやすいのか

筋肉量を増やしやすくするには、通常時よりも血液中のアミノ酸濃度を急激に上げる必要があります。

しかし、人間の体では体温・血圧などは一定の範囲内で抑えられていて、常に維持されています。普通の食事で摂取出来るアミノ酸量では血中濃度を急激に上げることは出来ません。肉や魚を食べてもゆっくりと吸収され、アミノ酸濃度もゆっくり上がっていきます。しかしプロテインだと消化吸収が早いため、通常維持されている血中濃度を打ち破り筋肉をつきやすくすることが出来るということです。

急に血中アミノ酸濃度という言葉が出てきましたが、まず、アミノ酸が多数繋がったものをたんぱく質と言います。体内に取り込んだたんぱく質を分解してアミノ酸に戻し吸収します。そのアミノ酸が血液中にどれくらいあるかのことを言います。

筋肉は水分を除くと、80%がたんぱく質からできています。そのため筋肉量を増やすために、たんぱく質は重要な栄養素となります。

 

女性もプロテインを飲むべきなのか

男性が飲んでいるイメージが強いかもしれませんが、結論から言うと飲むべきものです。というのも、女性も男性も1日に必要なたんぱく質量ほとんど変わりません。(生活習慣や飲む目的により多少異なる場合があります。)

1日に必要量を摂取出来ていない人が多いというのも事実です。

また、プロテインを飲むと太るのかと女性からよく質問を受けますが、摂取量をきちんと守れば太りません。

筋肉をつけるのはもちろんですが、他にも良い効果があります。

・肌のトラブルを改善できる

たんぱく質は、健康な肌に生まれ変わるターンオーバーを正常化させるのに必要な栄養素となります。

十分なたんぱく質を摂取していると、肌の再生がスムーズになり、肌荒れなどのトラブルが起きにくくなります。

また、たんぱく質は肌以外にも髪の毛や爪の材料になるため、女性にもうれしい効果がたくさんあります。

・ダイエット時にカロリーを抑えられる

減量中は摂取カロリーを消費カロリーより少なくする必要があります。

食事で1日に必要なたんぱく質量を摂取しようとすると、食べる量も増えるのでカロリーが上がってしまいます。プロテインで摂取すると、量も少なくて済むのでカロリー抑えることが出来ます。

良いことが多いからと過剰に摂ってしまうとカロリーオーバーになり、太る原因にもなりかねますが、不足分を補う、また正しい量を摂取していればプロテインが原因で太ることはないはずです。

ただ、筋肉は脂肪よりも重いため筋肉量が増えると体重の数値は上がることはあります。

 

運動しない人でもプロテインは飲むべきなのか

最近、コンビニなどでプロテイン商品を目にする機会が増えてきましたが、普段トレーニングや運動の習慣がない人にとっては、関係のないものというイメージついているかもしれません。

しかし実は、プロテインは運動をしない人にとってもうれしい効果がたくさんあります。

・筋肉をつける手助けをしてくれる

プロテインは、筋肉の素材となるたんぱく質そのものです。十分なたんぱく質を摂取することで、材料が確保され筋肉がつきやすくなり、結果として基礎代謝が上がり、痩せやすく太りにくい身体になっていきます。

・1日のトータルカロリーを抑えながら十分なたんぱく質を摂取できる

たんぱく質を十分に摂取するために、日頃の食事で肉などを増やすと、部位によってはカロリーが増えてしまい太りやすくなってしまいます。

しかし、プロテインなら食事量を増やす必要がないため、余計なカロリー摂取を抑えながら手軽に十分なたんぱく質を摂取することが出来ます。

特に肉類を食べるときに揚げ物を選んでしまう人や、たんぱく質が豊富な食品が苦手な人は試してみることをオススメします。

・胃腸への負担を減らせる

1日に必要なたんぱく質量を食事で摂るとかなりの量の食事となるため、胃腸への負担が大きくなります。しかし、プロテインは飲み物なので胃腸への負担がかなり少なくなり、消化吸収が良くなります。

 

運動しない人がプロテインの摂取によって太る原因

プロテインは運動しない人にとっても、健康な身体作りに有効なサプリメントです。しかし、なかには「プロテインを飲んだら太ってしまった」という人もいると思います。ここからは、なぜそういった事が起きてしまうのかを説明していきます。

・プロテインの摂取量に対して活動量が少ない

プロテインはカロリーを抑えながらたんぱく質を摂取出来るものです。とはいえ、摂取量はその日の活動量に応じた量を摂取することが理想です。

たんぱく質は体内で溜められる量を超えた場合、肝臓で分解されて排出されます。しかし、活動量が少ない状態だと、不要なたんぱく質は脂肪として蓄えられてしまうので、太る可能性が高くなってしまいます。

運動量とプロテインの摂取量のバランスを考える必要があります。

・プロテインと食事の両方を摂ってしまう

プロテインはたんぱく質を摂取出来ますが、飲み物であるため満腹感が感じられません。そのため、運動の習慣がない人はプロテインを摂りながら通常通り食事も摂ってしまいがちです。そうしてしまうと、たんぱく質の摂取過多になり、余計な分は脂肪に変わるので太ってしまいます。

満腹感を感じられなかったとしても、プロテインの量に合わせ、食事を調節する必要があります。

 

運動をしない人が太らないようにするプロテインの摂取方法

・割る飲み物を工夫する

よくある割る飲み物として、水、牛乳、豆乳があります。運動しない人は脂質・糖質を抑えるため、牛乳を避けるのが好ましいです。また、乳脂肪が含まれている牛乳に溶かすことで、吸収が遅くなる可能性があり、プロテインを飲むメリットである吸収の早さを失ってしまいます。

水か低脂質の豆乳で割って飲むことをオススメします。

・朝食をプロテインに置き換える

運動しない人は活動量が少ないため、朝食をプロテインに置き換えて飲むことをオススメします。基本的に人間の身体は寝ている間にたんぱく質を分解して筋肉を作ります。そのため、起床時はたんぱく質が枯渇しています。朝食のタイミングで摂取できると、早い段階で不足分を補うことが出来ます。

 

プロテインを飲むときの注意

プロテインはものにより原材料が牛乳のことがあるため、乳製品アレルギーがある方は注意が必要になります。アレルギーは子供に多いですが、大人でも発症する可能性があるので注意が必要になります。

牛乳から作られていないものか、牛乳から作られているものでもお腹を下しづらいよう作られているものがあるので、どちらかを選びましょう。

 

 

あおば整骨院では、首・肩・腰・膝・足関節の痛み、交通事故での怪我などのお悩みがある、患者様がよくいらっしゃいます。同じようなお悩みがある方は是非ご相談ください。

SNSもやっておりますので下記よりご覧ください。

あおば整骨院について
インスタグラムではあおば整骨院でどのような施術を行っているのかや、ためになる情報、クーポンなどを投稿していきます。是非フォローをよろしくお願い致します。

https://instagram.com/aoba2635888?utm_medium=copy_link

 

 

あおば整骨院 川口院 川口市南前川2-23-7

あおば整骨院 蕨院 蕨市中央3-2-7

腰の痛み ぎっくり腰 脊柱管狭窄症 椎間板ヘルニアでお悩みの方へ 腰痛のお話

2021.10.25 | Category: 腰痛

初めまして。あおば整骨院川口院院長今井です。

今日は腰痛のお話をしたいと思います。

あおば整骨院川口院、あおば整骨院蕨院には腰痛で来院される方が大変多くいらっしゃいます。そのような患者様の大半は腰痛を病名と思っている方が大変多くいらっしゃいますが、腰痛は病名ではなく症状の一つということはあまり知られていません。治療の方向性を決めるためにはその腰痛という症状の原因が何にあるかを診断することがとても重要になります。

腰痛の症状を起こす身体の部位として大きく分けると

1筋肉 2骨 3神経 等

に分かれてきます。

また痛みを起こしている部分がどのような状態になっているかをさらに細かく分けると

1筋肉 ~ ぎっくり腰 筋膜性腰痛 等

2骨  ~ 脊椎分離症 圧迫骨折 椎間関節症 脊椎症 等

3神経 ~ 椎間板ヘルニア 脊柱管狭窄症 すべり症 等

となります。

このような病態の中には治療方法によってはかえって症状の悪化を招く危険な場合もあります。

例えば

・ぎっくり腰の際にカイロプラクティックや整体での骨盤矯正やリラクゼーションでのマッサージなどは炎症を強め痛みが増加する

・椎間板ヘルニアの際ハムストリングのストレッチは神経の伸長を引き起こし足の痛みやしびれを引き起こす

等、何の治療をするかも大切ですが、まずはどのような診断をするかがとても重要になってきます。

正確な診断は整形外科でレントゲンやMRI等の画像診断がないとわからないと思われている方も多いですが決してそんなことありません。

例えば

・脊柱管狭窄症には間欠性跛行(歩いていると足の痛みやしびれが起きてくるが座ったりしゃがみ込むことで足の症状は軽くなる。自転車で動く分には足の症状は出ない)の症状がある

・椎間板ヘルニアには神経分布に沿った足のしびれ、痛み、運動障害(坐骨神経痛)の症状が出る

・脊椎分離症は10代のスポーツ障害、20代の肉体労働をしている男性に起きやすい

・脊椎すべり症は中年女性に起きやすい

等、これらはほんの一部ですが腰痛を引き起こす各疾患にはそれぞれ特徴があります。

問診(生活環境、実際に起きている症状、どのようにすると起きるのか、いつごろからの症状か 等の聞き取り)、徒手検査(画像や血液検査などの検査と違い動きなどから確認する方法、実際の整形外科のドクターも診断時に用いている)を丁寧に行い、各病態の特徴(起きやすい年齢、性別、各病態の特徴的な症状等)をしっかりと把握しておくことで腰痛を引き起こす病態を診断することは十分に可能です。

当院でも初回の施術の際は特に患者様への聞き込み、徒手検査、病態説明、施術方法の説明にお時間をかけさせていただきますので、余裕をもって来院していただくことをお勧めしております。

 

あおば整骨院 川口院  川口市南前川2-23-7

蕨院   蕨市中央3-2-7