LINE WEb 電話

電気治療 | 蕨市でむち打ち治療が評判の整骨院 あおば整骨院

電気治療の効果とあおば整骨院蕨院での使用例

 蕨市・川口市にお住まいのみなさま、お身体の調子はいかがでしょうか。
肩こり・腰痛などのお悩みはないでしょうか。
症状を抱え込まず一度、あおば整骨院蕨院にご相談ください。

蕨市にあるあおば整骨院蕨院では、筋膜調整と電気治療を併用して施術を行っております。
筋膜調整のみの施術より電気治療機器を用いた治療を一緒に行うことで、より症状が改善しやすくなるためです。

「電気治療」という言葉はよく聞いたことあるけど、「どんなものかわからない。」という方もいらっしゃると思います。
そんな方に向けて、当院で使用している電気治療機器を中心に電気治療についての紹介をします。

電気治療とは何か?電気治療の種類と効果

 電気治療とは、電気を流すことで起こる作用を期待して行う治療です。
筋肉や神経が刺激されて痛みの軽減、血流改善、筋緊張の改善など様々な効果があります。

当院では、
・干渉波(中周波)
・マイクロカレント(微弱電流療法)
・ハイボルテージ(高電圧電気刺激療法)
といった種類の電気治療機器を使用しています。
使う電気の種類によって効果にも違いがあります。

当院の施術では、筋膜調整と電気治療がセットになっております。
その際に使用する電気は干渉波治療器になります。

マイクロカレント・ハイボルテージは自費治療となります。
それぞれの特徴があり、適切に使用すれば高い効果が期待できるものです。

干渉波の特徴は、中周波で電流を流すことで皮膚抵抗が少ない状態で電気刺激を与えることができる点です。
2つ以上の異なる周波数を流すことで、周波数がぶつかり(干渉)あってできる別の電流が生まれます。
それらの干渉によってできた別の電気が治療効果を出します。
その特徴から「干渉波」と呼ばれています。
皮膚抵抗が少ない分、深部の筋肉に電気を流そうと電流を強くしても不快が少ないことが特徴です。
筋肉や神経に作用することで、痛みの軽減や血流改善をすることができます。
肩こりや腰痛などの患者さんに対して使用しています。

マイクロカレントの特徴は、微弱な電気を流しているということです。
低周波治療では少しピリピリとした電気を感じる電気の強さですが、マイクロカレントはさらに微弱な、
ほとんど何も感じないほどの電気の強さで治療をしていくものになります。

そういった微弱な電気は、細胞そのものに作用することで傷ついた組織の回復を早めることができると言われています。
また、電気刺激がかなり弱いため、電気治療が苦手な方でも安心して受けていただけます。
捻挫や肉離れを起こした患者さんに対して早期回復を目指して使用しています。

ハイボルテージ(高電圧電気刺激療法)の特徴は特殊な電気を使うためより深部に電気刺激を与えることができます。
高電圧電気と聞くと、刺激が強く苦しい治療だとイメージされる方もいらっしゃるかと思います。
ですが、特殊な電気の流し方をすることで不快感が少ない状態で高い効果を得られるようになっています。
痛みの軽減や血流改善、可動域の改善を得意としていて強い症状がある方でも痛みの軽減が期待できます。
高電圧での治療を行いますが、副作用はございませんので安心して受けることができます。
ぎっくり腰や寝違え、腱鞘炎など強い痛みのある患者さんに対して日常生活に支障のある症状を軽減することを目指して使用しています。

ハイボルテージ療法と超音波療法

 ぎっくり腰、寝違えや怪我の治療等では低周波や中周波治療ですと狙った効果が出せずに痛みが治るまで安静にしているほかなく、「電気治療は治せない。」という印象をもたれがちです。

ハイボルテージ療法ではそういった症状に対しても効果を出すことが可能です。
重症な寝違え患者さん等でも、ハイボルテージを用いることで可動域の改善がされ日常生活への支障が軽減される場合が多いです。

当院で使用している治療機器は、ハイボルテージとともに超音波治療を一緒に使用することができるものです。
超音波治療の特徴は一秒間に何百万回もの振動を起こすことでミクロマッサージ効果を出せること、深部の組織を温めることができることなどがあります。

ハイボルテージの作用と、超音波の作用をかけあわせることで対応可能な疾患が増え、より効果のある治療ができます。

患者様にあった施術を提供し症状の早期回復と根本治療を行なっていくのが、蕨市にあるあおば整骨院蕨院の特徴です。

ハイボルテージやマイクロカレントなどの電気療法を用いることで、早期回復を実現し
痛みを起こしている根本的な原因に対して早期に施術できるようにしています。

お身体の不調で何かお困りごとがありましたらぜひ、蕨市にあるあおば整骨院蕨院にご相談ください。