TEL

Blog記事一覧 > あおば整骨院,交通事故,捻挫,肩首,頭痛 > 交通事故でよく起きるむちうちとは?

交通事故でよく起きるむちうちとは?

2017.09.16 | Category: あおば整骨院,交通事故,捻挫,肩首,頭痛

こんにちは。

川口市あおば整骨院の今井です。

今回は自動車事故、自転車事故等の交通事故でよく起きるむち打ちについて説明したいと思います。

むち打ちの起きるメカニズムとして交通事故の衝撃によって首が激しく前後に振られその様子が鞭を打ったような形になるためむち打ちと呼ばれています。

むち打ち症の大半は筋肉や靭帯に傷をおってしまう頸椎捻挫になりますが、場合によっては神経症状やめまい、耳鳴り、頭痛を伴うものもあります。

また、交通事故が起きた当日は痛みがなくても、2~3日後に症状が出てくる場合も多数あります。

むち打ちなどの交通事故治療は初期治療が大切で、この期間にしっかり治療することにより後々の後遺症なども起きにくくなるので、早めに治療を開始することをお勧めします。

当院では川口市だけでなく近隣の蕨市、さいたま市、鳩ケ谷などからも多数の交通事故患者様が来院されています。

万が一交通事故にあわれてしまった場合は、むち打ち、交通事故専門治療の川口あおば整骨院にご相談ください。

 

 

診療時間

当院へのアクセス情報

所在地〒333-0846 埼玉県川口市南前川2-23-7
電話番号048-263-5888
駐車場4台あり
休診日日曜 祝日